フレンチブルドッグ NINO のフランス生活 | La vie de NINO en Normandie ~ ノルマンディ地方でのんびり暮らしています

安静って容易じゃない…







DSC_1032_convert_20200201024312.jpg
↑ ニノいます(『ニノを探せ!(初級編)』

連日「安静、安静」って何度も書いてて、自分でも他に何かないのかよ!と思うけど、タイトル通り、本当に『安静にしている』って簡単ではないのだ
ニノはもう走り回ったりするような、アクティブな年齢ではないから、その点では手はかからないし、心配はないのだけども
私たち人間だったら、ベッドで身体を休めている間、テレビを観たり、本を読んだりできるけど、さすがにニノはごろりとしながらTVを観たりしないし、一旦、ごろりとしたら眠ってしまうでしょ
普段から寝ている時間は長かったけど、そこにお散歩があったり、テラスやお庭を歩く時間があったり、私と遊ぶ時間もあった訳なんだけど、今はそれができなくて、本当に眠ってばかりになっている

それで、ボケたりしないのかな?と心配になったのだ

その昔、私はひと月位入院したことがあって、同じお部屋に脚を骨折をしたおばあさんがいて、お医者さんが
「脚よりも、入院している間にボケてしまうことの方が心配なので、ご家族に時間差で来てもらうことを考えた方が良いですね」
と言われていたのを思い出したのだ

もうニノが小さい頃からの習慣だけど、クラシック音楽ラジオは今も付けっぱなしにしていて、いつもニノがいる部屋には音楽が流れている
安静生活になってからは、普段よりも多めにニノに話しかけるようにした
遊ぶ時間は、先日書いたように、ニノがごろーんをしたらお腹をなでるだけにしている
そしてもうひとつ、昨日からなんだけど、ニノを抱っこしてテラス(お庭)を歩くことをプラスしたのだ




にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

 フレンチブルドッグひろば
ふたつのランキングに参加しています
いつも応援してくださってありがとうございます


Instagramやってます
Facebook
Twitterはこちら



ニノのフォトブックが出版されました

DSC_0185_(2)_convert_20161005002713.jpg

ニノの photobook
『フレンチブルドッグ NINO のフランスのんびり暮らし (La vie de NINO en France)』
(河出書房新社)
が出版されました!
詳細はこちらで↓

→ 河出書房新社HP
→ 
Amazon





上質でシンプルなライフスタイルを提案するWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)』さん(←クリックすると記事ページに飛びます)が、とてもステキにニノを紹介してくださってます
DSC_0216_convert_20170223013039_convert_20170228031357.jpg




緑書房『Wan フレンチブルドッグ大全』で、ニノが取材されてます
DSC_0089_convert_20161005002838.jpg






Category : 日常
Posted by ninoquincampoix on  | 4 comments 

4 Comments

says...""
こんにちは。いつも楽しく拝見しています。

うちのわんこも12歳くらいの時、
足が弱くなり、
あまり散歩が出来なくなった頃
私が仕事の都合で3ヶ月ほど家を空け、
その間、高齢の両親が散歩をしてやれず
室内だけで過ごしてから一気に痴呆が進みました。

その後、歩けなくても抱っこで散歩に連れ出し、海、花畑、あらゆる空気に触れさせ、
おひさまにあててあげて、
たくさん話しかけていたら、

痴呆の症状が見られなくなり、お医者さまに
認識がはっきりしていると驚かれました。

わんこにとって、おひさまの光は、体内時計にもかかわる大切な指標なんだそうです。

なので、室内でずっと過ごすとぼけやすくなるのだとか。


人もそうですが、やはり1番良いのは会話だと思います。

今なさっているように、しっかり話しかけてあげて、抱っこでも外の空気とおひさまに、しっかり触れさせてあげてください。


ニノさん、はやく良くなるといいですね。
退屈そうなお顔もとても可愛くて好きなのですが(笑

お大事に(*´ω`*)
2020.02.01 10:41 | URL | #- [edit]
大福ママ says...""
ニノさん、安静は難しいよね。
人間だって、少し良くなると動きたくなるもの。
12歳のワンコちゃんのお話、その通りと思います。
今年6月で17歳になるいちご母さん、足はヨロヨロですが
家の中で水を飲んだりおトイレをする時はフラフラとしながら
ちゃんと自分の足で歩いて動きます。
散歩は難しくなってきたのですが、途中までバギーで出かけ
枝垂れ桜の築山でのんびり日向ぼっこ。
バギーの中でもあっちこっちを見たり、毎日話しかけながら
私はバギーを押しています。
確かに寝ている時間は長くなりましたが、陽射しサンサンの時は
窓際で休んでいるので、話しかけながら、背中をさすっています。
会話は確かに大切。
他の人に言葉が通じるのかって言われるけれど、通じています。
ニノさんは日本語とフランス語、いちご母さんは日本語と福島弁。
穏やかに体調が良くなりますように。
2020.02.01 16:50 | URL | #- [edit]
ninoquincampoix says...""
こんにちは
貴重な体験を教えてくださってありがとうございます。
痴呆の症状が見られなくなったなんて、本当にすごい!
そうそう、人間も同じですけど、ずっと眠ってばかりだと、朝なのか夜なのかがわからなくなって、体内時計が狂うと聞いたたことがありますよ。
一応、ニノは歩けるし、痛がる様子もないのですが、できるだけ安静に過ごすようにしたり、いっぱい話しかけたり、テラスやお庭を抱っこして外の空気に触れるようにしています。晴れた日はテラスのベンチで日向ぼっこも良いかもしれないですね。
今週いっぱいは様子をみることになっているので、これで元気になってくれたらうれしいです。
食欲はあるし、ニノの腹時計は今のところ正確です(笑)
コメントありがとうございました。





2020.02.03 00:41 | URL | #- [edit]
ninoquincampoix says...""
大福ママさん、こんにちは
ありがとうございます。おかげさまで、ニノは食欲はあるし、一応、歩くことはできるのですが、お薬を飲んで、安静に過ごしながら、今週いっぱいは様子をみることになっています。
傾く・・・というと、どうしても以前の脳のトラブルを思い出してしまって、お留守番でさびしんぼうになったりしてたから、もしかしたら肩の炎症じゃないのでは?と疑ってもいるのです。
もしそちらだったとしても、話しかけたり、なでてあげたり、抱っこしたり・・・、一緒にいることで症状が落ち着いてくれると良いなと思っています。
いちごさんは、よく歩いてますよね。きっと毎日娘さんたちと歩いてたから、足腰がしっかりしているというか、体ができてるのかもしれないですね。バギーで移動して、着いたところで少し歩くのは良いお散歩方法だと思います。
フランスのバギーがすぐに壊れそうなものばかりで、まだ買ってないのですが、本気で探した方が良いのかも。
私たちはあと1週間の辛抱です・・・。
いつもコメントありがとうございます。
2020.02.03 00:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。