フレンチブルドッグ NINO のフランス生活 | La vie de NINO en Normandie ~ ノルマンディ地方でのんびり暮らしています

その後のピアノ







そのうち書こうと思っていたら、年も差し迫ってしまった
どうせこの時期はブログを読んでくれる人も少なくなるから・・・と言うことで、今日、書いてしまおう(笑)
最初に断っておくけど、長くなりますよ。


子供の頃にやめてしまったピアノを数年前に再開して、悪戦苦闘していることはちょくちょく書いてきた
やめている間、少しでもピアノに触っていれば違ったのだろうけど、トラウマみたいになっちゃって何十年も弾いてなかった訳だから、人前で弾く時は毎回緊張しちゃうし、いつも上手に弾けてる感じがしない

それでも、春先には学校のコンサートに参加した
他の楽器の人たちも出るから、ピアノの学生は、他の楽器とのアンサンブル、ピアノ連弾(4手)とソロの私で、3組(4人)のみが参加
今年はドビュッシーが亡くなって100年になる年だったので、連弾組は有無を言わずにドビュッシーの曲
私はブラームスのOp.118
この曲をコンサートで弾くことは先生が決めた
これはピアノを再開した年の学年末試験の課題曲で、しかもその6週間しか弾いていない
(試験の課題曲は(例えば入試なんかでも)試験日の6週間前に発表になり、その間に仕上げる)
それに、この手の曲は、私としてはそんなに得意とは言えないので、なんで?・・・と思ったけど、そのコンサートでは、たくさんブラボーと言ってもらえてほっとした
と言うところまでは、前回、書いたと思う


今年はそれで終わりじゃなかったのだ

過去に2回参加しているピアノのコンクールが春にあって、今年も出た
今回はバッハを含む20分のプログラム
緊張しちゃうとテンポが少し速くなってしまうから、気持ちを落ち着かせる意味でもバッハは心持ちゆっくり入って、なんとか無事に20分のプログラムを終了
ほっとする
でも、やっぱり上手に弾けたとか、やりきった感はなくて、もう少し上手く弾けたんじゃないかな・・・とすっきりしない
昨年、一昨年とも、弾き終わった後に、駆け寄って声をかけてくれる人たちがいたのに、今年は「しーん」
あぁ、ダメだったんだ・・・
と思いながらお席に戻ったら、うちのフランス人が
「バッハってつまらないね」
とトドメの一撃
結果は聞かなくてももう全然ダメでしょ、もう帰ろうよ・・・
と言ったのに、うちのフランス人が「そんなことを言わずに発表を待とう」と言うので、私はカフェテリアの窓側のお席で打ちひしがれて、コーヒーをすすりながら待つことに
そこへひとりのマダムがにこにこしながら近寄ってきて、何を言うのかと思ったら、

「暗譜していてすごいわね」

ナメクジに塩
・・・もはや、そこしか褒めるべきところがないんだろうね・・・


表彰式が始まっても、一向に名前を呼ばれる様子はないし、
あぁ、先生に何て報告したら良いんだろう・・・
と、泣きそうになってたら、最後に名前を呼ばれた
「えっ?」

1er prix avec les félicitatiions du jury (審査員の称賛付きの1位)
(フランスでは「審査員の称賛付き」とか「満場一致で」がついている1位の方がただの1位より評価が上になる)

その後の懇親会で、審査員の方々のお話しを聞いたら、バッハが良かったと言われた
あー、良かった・・・
あー、良かった・・・
バッハ、苦しかったんだよね・・・




ひとつ終わってほっとしたら、気持ちを切り替えて、次の準備に入る・・・


ところが、コンクールから数週間後に先生からメールがきて
「コンサートの依頼がきてるけど、どうする?」
しかも10日後なんだけど・・・
誰かがキャンセルしたのかな?
それとも、急に決めたのかな?
どちらも有り得る
詳細を聞いてみると、国立病院のホールでのコンサートで、聴きに来る人も患者さんやその家族だから、気楽に弾いてくれば?とのこと
それで気楽に受けてしまったのだけど、当日、ピアノの前でおじぎをして顔をあげた時、気楽に受けてしまったことを後悔した
客席が「モノトーン」だったのだ
そりゃそうだ、だって病院だもの、普段の発表会やコンクールの客席とは違うに決まってる
どうしてそれに気づかなかったんだろう・・・
急に緊張してしまった・・・
コンクールで弾いたバッハから始まって、最後にブラームスの間奏曲Op.118-2を弾いて立ち上がり、おじぎをして客席を見た途端に、目も口も大きく開けたまま固まってしまった
みんながすごい笑顔で拍手してくれていて、中には立ち上がって投げキスをしているおじいさんもいたのだ

「いやいや、そんなに拍手してもらえるような演奏じゃないってば・・・ちらっと1箇所間違えてるところもあるし・・・」

でも、この時、私の中で、ことっと何かが動いた







DSC_0692_convert_20181231155433.jpg
さて、これは今年1番と言って良い程のイベント
夏に、教会のコンサートに参加した
夏のバカンス時季になると、フランス各地で音楽祭やコンサートが催される
私は、そのオープニングコンサートを担当
これから数日続く、プロの音楽家さんたちの前座みたいなものだね







DSC_0693_convert_20181231161230.jpg
ピアノがSteinwayのコンサート用
良い音だったな〜







DSC_0694_convert_20181231161033.jpg
お客さんもたくさんいて緊張したけど、最初からピアノ用のメガネをかけて出たから、おじぎをした時に見えた観客席はぼやぼや〜としてたし、ピアノの前に座ると目の前には教会の大きな柱、見上げるとこんな天蓋しかないから、家のピアノのお部屋にいるつもりで弾こう・・・と思い、比較的リラックスできた

ここでの演奏は楽しかった
ピアノの音が美しかったのもあるけど、曲の終わりが近づいてきた時に「あぁ、もう終わっちゃうなー、もう少し弾いていたいな」と思った数少ない経験のひとつでもある
客席で聴いていた先生にもほめられた
あー、良かった(笑)



このコンサートの後、主催者・支援者さんたちとの懇親会があり、主催者のムッシューに、

「あなたのピアノは心が穏やかになるね」

と言われた

「へーっ、そうなんだー・・・そういう曲だからなんじゃないかな・・・」
と思った(言ってないよ)
私は自分がわかってないのかもしれない
ブラームスの曲も自分では苦手意識があるのに、学校のコンサートに先生が選んだことも
当たり前かもしれないけど、弾いている自分が感じていることと、聴く人の感想は違うんだな・・・
今年は3つのコンサート(+ コンクールもかな?)に参加して、「人前でピアノを弾く」ことの意味を少しだけ知ったような気がする


このコンサートが終わった後、
もしまた依頼があったら、病院のコンサートはやってみたい
と、先生に伝えた


ピアノを再開して4年
私は、今、この辺りにいます

今年度はコンクールもコンサートも予定せず、できるだけいろんな曲を弾いてみたいと思っている







DSC_0747_convert_20181231160907.jpg
私がピアノを弾いていると、必ずそばに移動して眠るニノ
1時間位すると、私の足元をぽんぽんする
「そろそろお休憩したらどうですか?」
と言っているのだと思う
それで、一緒にごろりとして、ニノと少し遊ぶのが習慣になっている



  ↓↓↓↓↓ 押してね ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

 フレンチブルドッグひろば
ふたつのランキングに参加しています
いつも応援してくださってありがとうございます


Instagramやってます
Facebook
Twitterはこちら



ニノのフォトブックが出版されました

DSC_0185_(2)_convert_20161005002713.jpg

ニノの photobook
『フレンチブルドッグ NINO のフランスのんびり暮らし (La vie de NINO en France)』
が出版されました!
詳細はこちらで↓

→ 河出書房新社HP
→ 
Amazon




上質でシンプルなライフスタイルを提案するWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)』さん(←クリックすると記事ページに飛びます)が、とてもステキにニノを紹介してくださってます
DSC_0216_convert_20170223013039_convert_20170228031357.jpg




緑書房『Wan フレンチブルドッグ大全』で、ニノが取材されてます
DSC_0089_convert_20161005002838.jpg






Category : ひとりごと
Posted by ninoquincampoix on  | 8 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。