フレンチブルドッグ NINO のフランス生活 | La vie de NINO en Normandie ~ ノルマンディ地方でのんびり暮らしています

アラーム



昨日、少し遠くまで出かける用事があったのだ
順調に車は走っていたのだが、途中でアラームが点滅していることに気づく

「タイヤの空気圧を確認してください」

えーっ、こんな何もないところで、タイヤの空気圧確認ってどーすんの?
(*フランスの町は教会を中心に円形に広がる構造なので、そこから出ると次の町までは緑が広がっている、民家もないし、要は何もないのだ)

とりあえず車を路肩に停めて、ひび割れてるところがないか見てみたり、押してみたり・・・
異常はなさそうなので車に戻り、「確認しました OK」を押したけど、何も変わらない

戻るにしても結構来ちゃったし、約束の時間もあるから、速度をゆるめて先を進むことに・・・

目的地近くにガソリンスタンドがあったので、立ち寄って空気を入れてみることに
車の点検は定期的にしてるし、こういうイレギュラーなことは今までになかったから、空気圧を入れるなんてしたことがなくて、とりあえず自転車と同じ感じかな・・・とやってみた
その機器は、昔の学校の体重計みたいな形で大きなメモリがついた丸い顔に長いチューブがついていて、タイヤにチューブをセットすると針が振れる
なるほど、タイヤのひとつはその値が2.3位だったけど、他のは2前後でバランスが悪かったことがわかる
ボタンを押すと空気を入れられるみたいだったので、やってみたけど、やっぱりアラーム表示は消えなかった

うちのフランス人に電話をしてみたら、
「タイヤにヒビが入って空気が抜けてるのかもしれないね、その車にスペアのタイヤあったよね?」
・・・と、もっと高度なことを言われてびびる
「それは絶対にできない!」

目的の要件を済ませた帰り道は「そろーっとそろーっと」走らせる
「そろーっと」は気持ち的なことであって、問題があるかもしれないタイヤたちを刺激しないように速度を落としただけなのだが、車としては普通に走るのと大した差はないかもしれないけど、途中で他の車も巻き込んで迷惑をかけるのを避けたかったのだ
私を追い越す車が多かったから迷惑っちゃ迷惑だっただろうけども

家の近くのガソリンスタンドでもう1度空気を入れることに
よく見ると、その装置にはメモリが6まであって、どこまで入れるのが正解なのかわからないのだが、さすがに6はないだろう・・・と、タイヤは4つとも2.5まで入れてバランスを保ったつもりだったのに、やっぱり表示は消えないのだった

もしかしたら、これはアラームの誤作動ってことはないのかな?

このせいで、昨日は帰宅が大変遅くなったため、ブログを更新できなかったのだ
この件、半日かかってる(お昼前に出て、帰りが夜だもの)・・・





にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

 フレンチブルドッグひろば
ふたつのランキングに参加しています
いつも応援してくださってありがとうございます


Instagramやってます
Facebook
Twitterはこちら



ニノのフォトブックが出版されました

DSC_0185_(2)_convert_20161005002713.jpg

ニノの photobook
『フレンチブルドッグ NINO のフランスのんびり暮らし (La vie de NINO en France)』
(河出書房新社)
が出版されました!
詳細はこちらで↓

→ 河出書房新社HP
→ 
Amazon





上質でシンプルなライフスタイルを提案するWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)』さん(←クリックすると記事ページに飛びます)が、とてもステキにニノを紹介してくださってます
DSC_0216_convert_20170223013039_convert_20170228031357.jpg




緑書房『Wan フレンチブルドッグ大全』で、ニノが取材されてます
DSC_0089_convert_20161005002838.jpg












Category : ひとりごと
Posted by ninoquincampoix on  | 4 comments 
このカテゴリーに該当する記事はありません。